育毛剤の主成分の発毛効果 5段階評価
男性型脱毛症 診療ガイドライン

育毛剤

【 育毛剤の主成分の発毛効果 5段階評価 】
A
行うよう強く勧められる
ミノキシジル
B
行うよう勧められる
C1
行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
アデノシン、t-フラバノン、塩化カルプロニウム、サイトプリン、ペンタデカン、ケトコナゾール
C2
根拠がないので勧められない
セファランチン
D
行わないよう勧められる

育毛剤では、主成分が「ミノキシジル」の製品は、発毛効果に関する良質の根拠があるとして、最も高い「A」と評価しました。

アデノシン」や「t-フラバノン」、「塩化カルプロニウム」、「サイトプリン」、「ペンタデカン」、「ケトコナゾール」などは、効果が一部の試験で報告されているものの、信頼性の高い試験の数が少ないなどとして「C1」でした。

セファランチン」は、現段階では有益性が実証されていないということで「C2」でした。

5段階評価の詳細は「男性型脱毛症 診療ガイドラインの5段階評価」をご確認ください。

育毛剤に使われている各成分の詳細

● 評価A(行うよう強く勧められる)

● 評価C1(行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない)

● 評価C2(根拠がないので勧められない)

サイト管理人 当サイト管理人が使っている育毛剤シャンプーも参考にどうぞ!得に、私の父の髪の毛の増え具合は必見です!
また、最近出たミノキシジルの3倍の育毛効果と言われているキャピキシルが配合された育毛剤も注目しています。
  
  
  
このサイトをはてなブックマークに追加
ミノキシジルの3倍の育毛効果といわれている「キャピキシル」を配合した育毛剤が登場!


ミノキシジルの3倍 »

有害液体汚染防止管理者 有害液体汚染防止管理者の資格試験情報

引越の初期費用が払えない